知的財産法の国際的交錯 現代知的財産法講座3 - 高林龍

知的財産法の国際的交錯 現代知的財産法講座

Add: utajasa50 - Date: 2020-12-09 02:57:09 - Views: 308 - Clicks: 2753

知的財産法の国際的交錯 Format: Book Responsibility: 今村哲也, 島並良, 横山久芳編集委員 Language: Japanese Published: 東京 : 日本評論社,. 知的財産法の国際的交錯 フォーマット: 図書 責任表示: 今村哲也, 島並良, 横山久芳編集委員 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本評論社,. 潮海 久雄; 高林龍・三村量一・竹中俊子編 『知的財産法の理論的探求』(現代知的財産法講座Ⅰ), 日本評論社, p. 文化政策 / 文化多様性 / 知的財産法 / クリエイティブ産業 / 電子出版 / 現代アート / 伝統工芸 / 実演家 / ファッション : 研究概要: グローバル化の進展によって、文化的表現の多様性(以下、「文化多様性」と呼ぶ)の維持が喫緊の課題となりつつある。文化多様性の維持には、国家(政府)に. 相澤 英孝(あいざわ ひでたか、1954年 4月16日 - 年 5月10日)は、日本の法学者。 一橋大学名誉教授。専門は知的財産法。. 日本評論社 年 12月-isbn:. 発展めざましい知財法分野。第一線の研究者と実務家の英知を結集し、最先端の理論と実務の課題に斬り込む、知財関係者.

日本評論社 年 12月-isbn:. 237-256, ; 著作権侵害の責任主体―不法行為法および私的複製・公衆. 現代知的財産法講座第3巻「知的財産法の国際的交錯」 編集代表 高林龍・三村量一・竹中俊子. : 特集:クラウド時代における公衆送信権の国際的検討 : 特集:音楽配信サービスと実演家の権利: 特集:著作権法の将来像: 特集:欧州デザイン保護法制と日本法の展望: 特集: 地理的表示の保護制度,. 法律 > 知的財産法 >. 現代社会では知的財産は、かたちのあ るモノよりも価値をもつことがあるのです。本講義では、 デザインやブランドといった企業活動とも結びつくファク ターに法律がいかにかかわっているのか、具体的な事例を 交えつつ、知的財産法の基礎と応用を学びます。 知的財産法Ⅰ・Ⅱ. 令和元年度知的財産権制度説明会(実務者向け)テキストは、下記のとおりそれぞれpdf形式で提供しております。講義によって、テキストの他に当日説明に使用した資料もございますので、適宜.

詳細は「年知的財産権制度説明会(初心者向け) 知的財産権について学べます(オンライン配信・テキスト無料)」のページをご覧ください。 令和元年度特許法等改正説明会・知的財産権制度説明会(実務者向け)・意匠審査基準説明会:開催終了. (注6)知的財産基本法においては、「知的財産の保護及び活用に関する施策を推進するに当たっては、その公正な利用及び公共の利益の確保に留意するとともに、公正かつ自由な競争の促進が図られるよう配慮するものとする。」(第10条)と規定されている。 2 市場についての考え方 (1. 知的財産法制の再構築/高林龍 編:高林龍 出版社:日本評論社 発行年月:年03月 シリーズ名等:早稲田大学21世紀COE叢書 企業社会の変容と法創造 7 価格: 4,536 円 レビュー: 0 件 / 平均評価: 0. 『知的財産法の国際的交錯』(今村哲也, 島並良, 横山久芳編集委員、『現代 知的財産法講座』 / 高林龍, 三村量一, 竹中俊子編集代表, 3)、日本評論 社、209-228 頁 Issue dateResource Type Book / 図書 Resource Version publisher.

高林龍, 三村量一, 竹中俊子編 言語: 日本語. 社会のバランスを重視する観点から、政治・経済・社会のすべてが大転換期を迎えている現代の特許法を論じたテキスト。 年までの特許法改正、その間の判例・学説をフォローし、世界の変化を念頭に置きながら法解釈を進め、記述をさらにブラッシュ・アップした. 12 形態: xviii, 571p ; 22cm 著者名: 今村, 哲也(1976-) 島並, 良(1969-) 横山, 久芳(1975-) シリーズ名: 現代知的財産法講座 / 高林龍,. 00 点 販売店名: bookfanプレミアム 詳細は、こちらをクリック. 現代知的財産法講座 3ならYahoo! 年報知的財産法-. 12 Description: xviii, 571p ; 22cm Authors: 今村, 哲也(1976-) 島並, 良(1969-) 横山, 久芳(1975-) Series: 現代知的財産法講座 / 高林龍, 三村量一, 竹中俊子. 不正競争防止法2条1項3号の形態模倣と先行者の地位 / 古城春実 執筆: 部分タイトル: 営業秘密の国際的侵害行為に関する適用準拠法 / 飯塚卓也 執筆: 部分タイトル: 知的財産法の実務的発展 / 岩坪哲, 東海林保, 椙山敬士, 吉田和彦 編集委員: 出版年(w3cdtf).

(13/1/3) contents about このサイトについて(更新情報) profile 吉田広志の経歴など 知的財産法の国際的交錯 現代知的財産法講座3 - 高林龍 work 吉田広志の研究業績一覧 seminar 北大法学部で開講されている演習の情報 シラバスなど lecture 知的財産法の講義に関する情報 過去の試験問題など link. 『現代知的財産法 実務と課題』飯村敏明先生退官記念論文集(設樂隆一・清水節・高林龍・三村量一・片山英二・松本司と共編)(発明推進協会・年) Ⅱ 論文 「知的財産保護のための法システムに関する横断的分析―体系的分析のための基本的枠組みの提示を中心として」ジュリスト1237号. 新品本/現代知的財産法講座 3 知的財産法の国際的交錯 高林龍/編集代表 三村量一/編集代表 竹中俊子/編集代表 - www. 3: 別タイトル: 知的財産法の国際的交錯: 部分タイトル: 知的財産法の国際的交錯 / 今村哲也, 島並良, 横山久芳 編集委員: 部分タイトル: ファッションと法についての基礎的考察 / 小島立 執筆: 部分タイトル: 欧州特許条約の下での手続き / 相田義明 執筆. 筑波大学 助教授、早稲田大学教授、一橋大学教授、ハーバード大学 客員教授等を歴任。 実父は元財務事務次官・元衆議院議員の相澤英之、継母は司葉子。. 松川 実「オンライン配信と消尽 ― アメリカ、ドイツ、日本の法比較的研究」 青山法学論集49巻2号(年)1頁 島並 良「デジタル著作物のダウンロードと著作権の消尽」高林龍=三村量一= 竹中俊子編集代表『現代知的財産法講座3 知的財産法の国際的交錯』(日本評論 社、年)209頁. 知的財産法の実務的発展 岩坪哲 ほか 編集委員 (現代知的財産法講座 / 高林龍, 三村量一, 竹中俊子編集代表, 2) 日本評論社,. ショッピング!6,600円~ご購入可能です。最安値情報や製品レビューと口コミ、評判をご確認.

5年計画の4年目にあたる年度は、「知的財産権と憲法的価値」に関する研究の一環として、著作権の保護と表現の自由・通信の秘密等の保護の調整という観点から、3つのシンポジウムを開催した。①年11月27日「サイトブロッキングをめぐる立法上の諸課題―EUの動向と日本法への示唆. 知的財産権の意義についてレポートで書けという課題があるのですが、皆さんの意見が聞きたいです。できれば理由もつけてくれるとありがたいです。 「権利保障」と「一般公開」ですねパクリが合法だと、みんな「企業秘密」になってしまう今、スマホが普及してますが、iPhoneが完全に企業. 所属 (現在):学習院大学,法学部,教授, 研究分野:新領域法学,小区分05070:新領域法学関連,民事法学,人文・社会系, キーワード:著作権,知的財産権,特許,知的財産法,表現の自由,私的複製,著作物,著作権法,利用主体,所有論, 研究課題数:7, 研究成果数:76, 継続中の課題:著作物概念の意義及び機能. 「知 的 財 産 紛 争 と 法」 講座責任者 上野 達弘 教授 ・ 高林 龍 教授 ・ ラーデマッハ クリストフ 准教授 現代の経済活動において知的財産権の重要性は、国際化の進展やインターネットの普及などもあって、 ますます増大しており、国としても知的財産の活用を巡る毎年の政策の方針を知的.

「知的財産」及び「知的財産権」は、知的財産基本法において次のとおり定義されています。 参照条文 知的財産基本法(外部サイトへリンク) 第2条 この法律で「知的財産」とは、発明、考案、植物の新品種、意匠、著作物その他の人間の創造的活動に. 現代知的財産法講座 2 知的財産法の実務的発展/高林 龍(知的財産権)の作品一覧ページです。最新情報・本の購入(ダウンロード)はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。書店で使えるhontoポイントも貯まる。. 隆一編『現代裁判法大系26知的財産権』(新日本法規出版・1999年) ・大須賀滋「特許法101条4号の間接侵害」設樂隆一=清水節=高林龍= 大渕哲 也=三村量一=片山英二=松本司編『現代知的財産法実務と課題飯村敏明先生退. 5mb) 年3月 ASEAN6カ国の産業財産権データベースから得られる統計情報に関する調査(年度版) (18MB) 年3月. 事訴訟」(弘文堂、平22)、飯塚卓也「営業秘密の国際的侵害行為に関する適用準拠法」高林龍ほか「現代知的財 産法講座Ⅱ 知的財産法の実務的発展」387 頁以下(日本評論社、)、渡辺惺之「断想 営業秘密技術の国際. 『知的財産法の国際的交錯』 の詳細情報です。isbn:。発展めざましい知財法分野。第一線の研究者と実務家の英知を結集し、最先端の理論と実務の課題に斬り込む、知財関係者必読の講座。. プレ公開講座 全6回) rclip 年7月8日 年4月開講 (予定) 法学研究科知的財産法ll. 知的財産立国の形成に関する施策の迅速かつ重点的な推進を図るため、遅くとも年の通常国会までに、知的財産の創造、保護、活用が活発に行われることを国家目標とし、「知的財産戦略本部(仮称)」の設置、「知的財産戦略計画(仮称)」の策定等を内容とする「知的財産基本法(仮称.

現代知的財産法講座 / 高林龍, 三村量一, 竹中俊子編集代表 ; 3 書誌id: bb1118879x isbn:子書誌情報. その他の標題: 知的財産法の国際的交錯: 主題:. の講義内容を紹介する講座として年6月10日から9月11日までの間で計7回にわたり連続して開催された横川敏雄記念公開講演会に協力した。 テーマと担当講師は以下の通り。 ・特許法(高林龍) ・商標法・不正. 231-249, 「新規性(29条1項)」 潮海 久雄; 中山信弘・小泉直樹編 『新・注解特許法(上)』, 青林書院, p. 現代知的財産法講座2 知的財産法の実務的発展: 293頁 年9月20日: 大須賀 滋: 翻案権侵害の主張立証: 論究ジュリスト: 年夏号250頁 年8月: 高部眞規子: 実務詳説 著作権訴訟: 金融財政事情研究会: 年1月27日: 岡本岳(共著) 最近の著作権侵害訴訟の.

模擬講座の開催協力 年4月開講の法学研究科知的財産法LL. 編者 高林龍・三村量一・竹中俊子. 高林 龍: 特集 知的財産法制研究 ii: 第1部 倒産法と会社法の接点 : イギリスの企業倒産手続きの構造と会社法との接点: 本文を閲覧: 中島弘雅: 第2部 日韓比較・国際知的財産法研究: 特集 日韓比較・国際知的財産法研究 (3) 本文を閲覧: 木棚照一: 専属的管轄合意と知的財産訴訟 -ハーグ管轄合意. 12: ページ数: 571p: 大きさ: 22cm: ISBN. 知的財産法を研究する学者に関するカテゴリ。 カテゴリ「知的財産法学者」にあるページ このカテゴリには 48 ページが含まれており、そのうち以下の 48 ページを表示しています。.

コース プレ連続公開講座 〈ポスター〉 【趣旨】 経済のグローバル化が進展するとともに、IT技術により社会全体が急速に変化し、第四次産業革命が進行中の今. マレーシア知的財産公社が提供する産業財産権データベースの調査報告 (4. 知的財産に携わる人の. 近くの請求記号の本を見る : 詳細. だからこそ、国際条約でも、育成者の権利を守る一方で、農家の種の権利をはっきりと認めているのです。 国内法でも、現行の種苗法は、新品種. 現代知的財産法講座: 著作者等: 三村 量一 今村 哲也 島並 良 横山 久芳 竹中 俊子 高林 龍: 書名ヨミ: ゲンダイ チテキ ザイサンホウ コウザ: 書名別名: 知的財産法の国際的交錯: 巻冊次: 3: 出版元: 日本評論社: 刊行年月:.

新品本/現代知的財産法講座 3 知的財産法の国際的交錯 高林龍/編集代表 三村量一/編集代表 竹中俊子/編集代表 - www.

知的財産法の国際的交錯 現代知的財産法講座3 - 高林龍

email: uhisog@gmail.com - phone:(493) 311-6153 x 7757

手相学のコペルニクス的転換 - 大川恒平 - 平成元年産 花き統計

-> 基本情報技術者 合格教本 平成31年【春期】/01年【秋期】 - 角谷一成
-> 有限会社役員変更と登記手続き - 勝田一男

知的財産法の国際的交錯 現代知的財産法講座3 - 高林龍 - カセットアンニョンハシムニカ


Sitemap 1

阿部諒村集 - 阿部諒村 - 今田高俊 現代政治学叢書 社会階層と政治