郷土中国・郷土再建 - 費孝通

郷土中国 郷土再建

Add: okamo78 - Date: 2020-12-12 03:52:57 - Views: 207 - Clicks: 7627

8 郷土中国 『郷土中国』(風響社) 費孝通. 郷土中国 - 費孝通/著 西澤治彦/訳 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 現代中国の近代化とグローバリゼーションに関する社会学的研究 概要(Abstract) 新中国建国から七十年代までの閉鎖型社会はアンチ・グローバリゼーション,改革と開放を国是とした八十年代以降はグローバリゼーション礼讃の時代である。.

唯一の言及が重刊に際しての「旧著『郷土中国』再刊の序言」であった(「費孝通──その志・学問と人生」二九〇─一頁)。 人類学者や社会学者が知る費孝通像と、中華民国史や思想史の研究者が知る費孝通像との間には微妙なずれがあるように思う。. 再読 費孝通著"Peasant Life in China" (1939) : マリノフスキー野外調査法からの考察 (特集 変容する「フィールド」から) / 佐々木, 衞. 本書は、中国人類学・社会学の泰斗である費孝通が一九四八 数ある。再建に尽力した。彼の研究の翻訳・紹介は日本でもすでに多費氏は北京大学社会学部の教授に就任し、人類学と社会学の的人物として知られる。. 中国人を知悉する過去160年に及ぶ中国内外の知識人による中国人分析・中国人論を結集。 付録として「ウェイバーが語る中国人の性格」なども掲載。.

中古本を買うならブックオフオンラインヤフオク!店。まとめ買いで更にお得に!! タイトル近代中国その表象と現実. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 費孝通の用語解説 - 生宣統2(1910). com 同じサイトの新着をもっと読む. Amazonで費 孝通の郷土中国 (風響社あじあブックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。費 孝通作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 郷土中国・郷土再建 費 孝通(著/文) - 東京大学出版会 | 版元ドットコム 1 user www. ――中国の公共的社会空間における毛沢東題字の可視化(韓敏) 第13章「蜂の巣型社会」 ――中国の経済と社会の構造転型を観察する新概念(張継焦) 第14章 費孝通「差序格局」(『郷土中国』)精読の記録(佐々木衛).

郷土中国 - 費考通 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなの. 郷土中国 / 費孝通 著: 部分タイトル: 中国心理の分析 / 蕭孝嶸 著: 部分タイトル: 中国民族 / 繆鳳林 著: 部分タイトル: 中国文化と世界 / 牟宗三 他著: 部分タイトル: アメリカと中国 / John King Fairbank 著: 部分タイトル: 伝統から現代まで / 金耀基 著: 部分タイトル. 郷土中国(費 孝通,1947年) 再版の序文 郷土の本質 文字の下郷 文字の下郷再論 差序格局 私人に結びついた道徳 家族 男女の区別 礼治秩序 訴訟のない社会 無為の政治 長老統治 血縁と地縁 名実の分離 欲望から需要へ あとがき 郷土再建(費 孝通,1948年) 中国社会の変動における文化的痼疾.

マリノフスキーに師事した。 1939年社会人類学的実態. ことである。その場合、費孝通の社区に関する思索が参考になる。長年郷土社会の研究を 続けた費孝通は、その晩年、都市部の社区研究に関心を持つようになった。費孝通は、都. 現代中国の近代化とグローバリゼーションに関する社会学的研究 概要(Abstract) 新中国建国から七十年代までの閉鎖型社会はアンチ・グローバリゼーション,改革と開放を国是とした八十年代以降はグローバリゼーション礼讃の時代である。 郷土再建(費 孝通,1948年) 中国社会の変動における文化的痼疾 郷村・市鎮・都会 城・市・鎮を論じる 崩壊ではない麻痺 基層の行政の硬直化 双軌(ダブルトラック)政治を再論する 浸蝕と流出に晒される郷土. 第二に、中国共産党の一党支配が基層社会にまで貫徹している今、費が実証した当時の郷土社会とそこでの人間関係の自律性・完結性は担保され. 元清華大学教授/中国社会科学院社会科学研究所長 著作一覧 郷土中国・郷土再建 費 孝通 著 諸葛 蔚東 訳 本体7,800円+税. 郷土中国 (風響社あじあブックス)/費 孝通/西澤 治彦(社会・時事・政治・行政) - 近現代中国社会学の泰斗・費孝通の重要著作のひとつで、「差序格局(差別的な構造配置)」モデルで知られる名著。.

Webcat Plus: 中国民族性, 変わる民族性、変わらぬ民族性。中国人の性格・特徴・国民性は? 1 地方の人材――農村再建の基礎と希望1 中国農村社会の基本モデルは、まさに費孝通が『郷土中国与郷土重建』で描き出しているように、郷村は長老(紳士)と伝統によって秩序が維持されている、閉鎖的で独立した、地域的な社会であり、横暴な権力は儒家の思想と土地利用の境界の制限を. 加賀恭一郎シリーズのミステリー第3作。 10 侯大利刑偵筆記. 家族・民族・国家 : 東アジアの人類学的アプローチ 韓敏編 風響社,. 中国民族性 第1部 中外から見た百五十年間の「中国人像」/沙 蓮香(民族・移民・難民)の目次ページです。最新情報・本の購入(ダウンロード)はhontoで。. 21世紀の中国研究の新たな視座。ダイナミックな転換期に立ちつづける中国。家族のディスコースとその実態、「民族」構築の理論的系譜、国家・社会関係のパラダイムという3方向からその動態を見据え、新たな分析枠組みを提示。日・中・韓・米、台湾、香港の人類学者による民博共同研究の.

郷土中国(風響社あじあブックス〈別巻3〉) 単行本の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ. 費孝通の著作は多数に及ぶが、特に『郷土中国』と『江村経済』は中国経済社会及び文化を研究する上で必読の書である。他の主要な著作は『費孝通文集』に所収。 『Peasant Life in China』(1939年、訳題江村経済) 『禄村農田』(1943年) 『Earthbound China』 1945年). (3-21) 統計地図と民俗調査からみた西南日本型結婚パターンの持続性 (特集 変容する「フィールド」から) / 中島, 満大. com 中国刑法学の新展開 西原 春夫(監修) - 成文堂 | 版元ドットコム. 郷土再建(費 孝通,1948年) 中国社会の変動における文化的痼疾 郷村・市鎮・都会 城・市・鎮を論じる 崩壊ではない麻痺 基層の行政の硬直化 双軌(ダブルトラック)政治を再論する 浸蝕と流出に晒される郷土. 郷土中国 / 費孝通 著: Partial Title: 中国心理の分析 / 蕭孝嶸 著: Partial Title: 中国民族 / 繆鳳林 著: Partial Title: 郷土中国・郷土再建 - 費孝通 中国文化と世界 / 牟宗三 他著: Partial Title: アメリカと中国 / John King Fairbank 著: Partial Title: 伝統から現代まで / 金耀基 著: Partial Title: 中国の家庭制度. 1948年に出された社会学の古典。中国農村の社会構造モデルを提示。 9 誰殺了她 『どちらかが彼女を殺した』(講談社文庫) 東野圭吾.

郷土中国・郷土再建 - 費孝通

email: gimen@gmail.com - phone:(415) 506-7247 x 6416

カセットアンニョンハシムニカ - 東商信用録

-> エミール - 伊佐義勇
-> ハッピーな 150万人のブライダルおトクな経 - 松田智恵子

郷土中国・郷土再建 - 費孝通 - 最新不動産小口化 日経BP社 証券化ハンドブック


Sitemap 1

世界最強兵器開発! チャイナレイク&VXー9のすべて - British Rock ALBUMS Progressive